17 3月
2021

生活保護制度 生活保護て基本の消費財全部現物支給かクーポ

生活保護制度 生活保護て基本の消費財全部現物支給かクーポ。働けるけど働かない人と、働きたいけど働けない人は違う。生活保護て、基本の消費財全部現物支給かクーポン式たら 全員、”生ポ”マーク入りのジャージ着せるの
当然、パンツ生ポマーク入り

そうすれば少恥知り、
頑張って脱たい思うでょう 生活保護問題対策全国会議。貯金を崩して生活しているが残り10万円位しか無くなった。持続化給付金の
申請に行ったら。社会保険に加入しているので無理と言われた。緊急小口資金
の貸し付けを申し込んだが返済能力がないからと不支給になった。同月日の
参議院本会議での質疑において。扶養義務者の扶養が保護に優先して行われる
ことは。生活保護制度の基本原理であり。Q4 確定申告をしたものの。新型
コロナウィルスの消毒で在庫商品が使えなくなり。所得税や消費税を納められ
ません。

市民の声。住まい交通機関市営バスなど北国のまち?雪の情報賢い消費生活
選挙外国人住民のかたへ各種窓口相談生活保護を受けているかたには灯油
代。デイサービス利用料。病院代など。どうして全部支給されるのでしょうか。
いくら保護生活でもパチンコをしてお金を使ってしまうかたなど。普通に一生
懸命はたらいているかたは不満に思っ原則として金銭支給により行い。医療
扶助?介護扶助については。現物支給により行うこととなっております。生活保護/千葉県。生活保護制度は。憲法条に規定する理念に基づき。国が生活に困窮するすべて
の国民に。その困窮の程度に応じて一般国民の消費水準動向などを基にして。
厚生労働大臣が定める保護の基準によって計算された最低生活費と。保護を
葬祭に分かれており。保護を受ける人の世帯構成や収入などの状況に応じて。
その全部または一部が適用されます。衣食。その他日常生活の需要を満たす
ための扶助であって。飲食物費。光熱水費。移送費などを支給します。

生活保護制度/札幌市。最低生活費とは。世帯の人数や年齢などをもとに。国が決めた基準で計算したか
月の生活費をいいます。 収入とは。年金?手当?給料子どものアルバイト収入
や金券等の現物給付も含みます?仕送り?保険生活保護制度。厚生労働大臣が定める基準で計算される最低生活費と収入を比較して。収入が
最低生活費に満たない場合に。最低生活費から収入を差し引いた差額が保護費
として支給されます。 収入としては。就労による収入。年金など社会保障給付。
親族生活保護を受ける条件を徹底解説。さらに妊娠した人や障害手帳?級に該当する場合など。状況によっては生活
保護費を加算してもらえるので他の世帯より生活費がかさむ人でも十分な支援を
受けられます。 具体的な加算額や毎月の受給額を知りたい人は。

働けるけど働かない人と、働きたいけど働けない人は違う。前者がクローズアップされて悪いイメージ持たれるかもしれないけど生活保護を受ける事自体は恥でも何でもないんです。生存権は憲法で認められているのです。悪用する人がいるのは悪い事ですが生活保護を受けている人全てを見下してはいけない。現物支給とか、クーポン式というのも悪用防止に良さそうですが実際には難しいと思いますね。生活保護は法的には日本国民の権利なので犯罪者でありませんので全員、”生ポ”マーク入りのジャージを着せる事できません又基本の消費財は全部現物支給かクーポン式も出来ません出来るならあなたがひとりでやってみください「服を着させるのは、当の受給者なり、生活保護等の医療福祉系の市民団体なり弁護士さん、それと理解する野党系の国会議員なり、系列の都道府県会議員や市区町村会議員に、支援者として理解する、個人や弁護士さんに病院等の関係機関から、猛反発や猛抗議されて、裁判沙汰にされる行為と、なってしまう。実際に「神奈川県の小田原市の市役所で、生活保護の受給者に対して、生活保護担当課で作った職員用のジャンパーに入れてた、「不正受給が、けしからん」意味らしいが、入れてた言葉で、当の受給者や市民団体に、野党系の国会議員や神奈川県会議員に、小田原市の市会議員等支援者から、猛反発や猛抗議されて、着てた職員が処分を受けた」事態が、以前にあって、当の厚生労働省も、小田原市の市役所に対しては、結構注意してるそうなので、無理な話である」と、私個人も思います。後「現物支給やクーポンに、変更するのも、当の受給者や市民団体に、野党系の国会議員や系列の都道府県会議員に、市区町村会議員や弁護士さんに、理解する個人等から、猛反発や猛抗議を買い易い。それと、現物支給やクーポンなら「協力して、換金する店舗が、受給者の友人や知合いが、経営か勤務先の店舗であれば、確実に出て来る」リスクも、抱えて来る。その上、以前に「給付金の一部を、委託先のクレジットカード会社経由で、クレジットカード扱いのデビットカードで受給したり、その利用状況から、不正利用を止める」手段を、大阪市役所は、実際に検討したそうである。だが「専用の端末を、店舗が設置する場合の費用、大阪市役所は、補助しない方針に、店舗側が反発した」事態なり、「受給者と、友人や知合いであれば、換金する店舗が、出て来る」リスクを、抱えてしまうのが判明したり、「当の受給者なり、市民団体や野党系の国会議員に、地元選出で系列の大阪府会議員や大阪市会議員に、弁護士さんや理解する個人等、支援者から「店舗で、生活保護の受給者と分かれば、差別や偏見される」等で、反発されてしまった」事態等から、断念した」と、言う事だそうです。 なので、改めてだが「当の受給者なり、生活保護等の医療福祉系の市民団体なり、理解する野党系の国会議員なり、系列の都道府県会議員や市区町村会議員、そして弁護士さんや理解する個人等。支援者や支援団体から、猛反発や猛抗議されるのは、確実な話なので、無理な話」と、私個人は思います。仕方なく受けてる人が受けてる。働きたくても働けないから受けてる。あなたがそうなった時、その事を、言えますか?昔は現物支給だったんだけどね、結局現金支給の方がコスト削減になるから今の制度に変わたんだよ。何も知らないんだね。老人ホームの生活が最低限の文化的生活ならばあーゆー集団生活でいいんちゃうの?シェルター避難場所難民キャンプ的な。オール現物支給の集団生活ならコストは押さえられる極々普通に一人当たり国民年金支給額以下が本来は常識だと思う。余計にコストがかかる。現物支給であれば、特定の業者が儲かってしまう。現実的ではないね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です