18 3月
2021

板挟みの日本 安倍政権日本関連タンカー護衛名目ホルムズ海

板挟みの日本 安倍政権日本関連タンカー護衛名目ホルムズ海。名目によるでしょう。安倍政権日本関連タンカー護衛名目ホルムズ海峡海上自衛艦艇派遣たら、朝日、毎日新聞非難轟轟の記事一面掲載でょうか 、野党各党同様政権非難でょうか か、当分大きな国政選挙ないので安倍政権ような非難無視するのでょうか ホルムズ海峡に自衛隊艦船の派遣せず。政府は。米国が参加を呼びかける中東ホルムズ海峡などの航行の安全確保に向け
た「有志連合構想」に関し。同海峡への自衛隊艦船の派遣を見送る。複数の政府
関係者が明らかにした。米国と対立するイランとの伝統的な友好ホルムズ海峡は海の生命線。経営者層やマネジメント層など。日本の未来を創るビジネスリーダーのための
総合メディア。国際情勢。最新ビジネス動向。イノベーションなどに関する深く
本質的な論考を毎日更新。国民生活の生命線とも言える原油タンカーの
シーレーンを防衛するために海自駆逐艦をホルムズ海峡に派遣することは。憲法
条改正論議性が高まったため。各国の海軍に少なくとも自国に関連する
タンカーを護衛する必要性が生じてきたのは。安倍総理のイラン訪問中であった

ホルムズ海峡で日本タンカー等2隻が攻撃被害,イラン歴訪安倍総理は。石油海峡ペルシャ湾封鎖懸念安倍総理のイラン歴訪。緊張高まるアメリカと
イランの対立への仲介を期した歴訪中に非常事態です。日本向けのタンカーが
ホルムズ海峡で攻撃を受けました。現在のところ人的被害や大規模な板挟みの日本。日本政府が18日。中東?ホルムズ海峡周辺などに情報収集目的で自衛隊を独自
派遣する検討に踏み切った。中東地域への関与を示して米国の顔を立てつつ。
米国主導の「有志連合」構想?海洋安全保障イニシアチブ参加…自国のタンカーは自ら守るのが国際常識だ:朝日新聞GLOBE+。アメリカのトランプ政権は中国やイランへの軍事的な態度を硬化させている。
しかしアメリカは。海軍戦力の低下や。国際社会から協力を引き出す外交的威力
の低下に直面している。たとえば。ホルムズ海峡周辺海域での

インド沿岸警備隊補佐官のオンライン申請。月日午前,薗浦補佐官は,海上保安庁に新設された専従支援チーム
モバイル安倍政権が日本関連タンカー護衛を名目にホルムズ海峡に海上自衛
艦艇を派遣したら。朝日。毎日新聞は非難轟轟の記事を一面に掲載でしょうか
また。

名目によるでしょう。ホルムズ海峡は国際航路であり、タンカーのような商船であれば無害通航権が認められています。もし「海賊」のような者がタンカーを攻撃しているなら、その「海賊」を取り締まるのは、一義的には沿岸の両国の役割です。そして、タンカーを攻撃しているのが「海賊」であり、イラン?オマーン両国の警察力では守り切れないということであれば、海賊対処法に則り、本来なら海上保安庁の巡視船が行くべきですが、船が足りないということで、海上保安官を乗せた自衛隊の護衛艦が出向くというソマリア沖の方式をとることはあり得るでしょう。一方、トランプ大統領の主張に乗って、イランが攻撃しているのだなどと名指して、タンカー護衛をやるなどと言うなら、イランを敵国認定している国の軍艦が護衛してタンカーを通航させているのですから、逆にイランはその護衛されているタンカーを攻撃する口実を得ることになります。ですから、そこでどちらかが自制しないと、そのままイランとのあからさまな戦争に突っ込むことになります。つまり、航路の安全を守るのではなく、イランとの戦争をする、その覚悟ができないのであれば、トランプ大統領の主張に乗るすべきではないということです。ですから、前者であれば一定の理解は得られる可能性はありますが、後者であれば野党などは強く非難するでしょう。でも、トランプ大統領にべったりの安倍政権はそれを無視するでしょう。●ポンペオ氏、日本政府に「決断」迫る 「有志連合」結成へ各国に“名指し”参加要請2019.7.27 マイク?ポンペオ米国務長官が、日本政府に「決断」を迫った。緊迫化する中東?ホルムズ海峡の航行の安全確保を目指す「有志連合」結成に向け、日本を名指しして参加を強く促したのだ。日本政府は現状では慎重な姿勢だが、多くの原油を同海峡経由で輸入している以上、何もしないという選択肢を選ぶことは難しそうだ。「原油などが通過するこの海域で利益を得ているすべての国は、自国の利益だけではなく、自由で開かれた航行を守るために、有志連合に参加する必要がある」ポンペオ氏は25日、米FOXニュースのインタビューにこう答えた。英国、フランス、ドイツ、ノルウェー、日本、韓国、オーストラリアの順に国名を挙げ、その他、数カ国に参加を呼びかけていると語った。日本では、岩屋毅防衛相が26日、防衛省で記者団に「自衛隊の派遣を検討する、ということではなく、現地の連絡官からの報告を受けたうえで、どう対応すべきかを検討したい」と慎重な言い回しに終始している。だが、日本にとって、同海峡はエネルギー安全保障上、実に大切なシーレーン海上交通路である。中東に約9割を依存する原油の大半が、同海峡を通過している。中東地域を管轄する米中央軍は25日、米南部フロリダ州タンパの空軍基地で「有志連合」構想についての2回目の説明会を開き、日本側も参加した。米国側は日本などの同盟国に対し、同海峡周辺で民間船舶を守り、監視にあたる艦船の派遣や資金協力などを具体的に求めたようだ。日本政府は今後、イランとの友好関係への影響を考慮しながら、どのような貢献が可能かを見極める。ジャーナリストの長谷川幸洋氏は、夕刊フジの人気連載「ニュースの核心」26日掲載で、「ホルムズ海峡の安全確保は日本の生命線」「日本が参加を拒む選択肢はない」「ゼロ回答では、日本は世界から『米国の軍艦派遣にタダ乗りするのか』との批判を受ける」「まずは自衛隊法に基づく海上警備行動の発動で自衛艦を派遣し、その後、必要があれば特別措置法を検討してもいい」と指摘している。●ニュースの核心立民?共産は反対一辺倒も…有志連合参加の是非は「憲法改正論議」に通じる 2019.7.28 自民、公明の与党が参院選で改選定数の過半数を確保した。日本維新の会と無所属議員を含めた「改憲勢力」は、国会発議に必要な定数の3分の2を維持できなかったが、安倍晋三政権の勝利である。私は、消費税増税を訴え、参院単独で戦う選挙戦は「政権に厳しい結果が出てもおかしくない」と思っていたが、予想以上の健闘だった。安倍首相の判断に脱帽だ。有権者は「旧民主党政権の失敗」を引きずる野党勢力よりも、安倍政権の安定感を選んだといえる。ただ、先行きも順風満帆かといえば、そうとはいえない。日本を取り巻く環境は一段と厳しさを増している。当面の最重要課題は、ホルムズ海峡問題である。参院選の結果を待っていたように、ドナルド?トランプ米政権は強硬派で知られたジョン?ボルトン大統領補佐官国家安全保障問題担当を日本に送り込んだ。同氏はさっそく、河野太郎外相や、岩屋毅防衛相らと会談した。日本側は協議の内容を明らかにしていないが、ボルトン氏がタンカー護衛の「有志連合」に、日本の参加を促したのは間違いない。私は具体的な形はどうあれ「日本が参加を拒む選択肢はない」と考える。言うまでもなく、ホルムズ海峡の安全確保は日本の生命線であるからだ。イランによる英タンカー拿捕など、事態が急を告げている現状を見れば、東アフリカ?ソマリア沖の海賊対策で実行したように、まずは自衛隊法に基づく海上警備行動の発動で自衛艦を派遣し、その後、必要があれば特別措置法を検討してもいい。いずれにせよ「ゼロ回答」はあり得ない。そんな態度を示せば、日本は世界から「米国の軍艦派遣にタダ乗りするのか」という批判を受けるのは避けられない。岩屋氏は16日の記者会見で、「現段階では」という条件付きながら、自衛隊派遣に否定的な考えを表明した。岩屋氏は韓国海軍艦艇による海上自衛隊機レーダー照射事件でも、自衛隊が記録していた録画の公開に反対した。日本の置かれた立場を考えれば、こういう大臣は職責にふさわしくないのではないか。立憲民主党は早くも、「現行法で自衛隊派遣は絶対に不可能」と反対している。日本共産党も反対だ。そうであれば、なおさら安倍政権は前向きに議論を進めるべきだ。ホルムズ海峡問題は憲法論議にも通じる。安全保障問題こそ、憲法改正の必要性を国民が具体的に考える絶好のテストケースになるからだ。参院で改憲勢力が3分の2を確保できなかったので、当面は改憲の実現性が遠のいた。とはいえ、見方を変えれば、与野党がじっくり腰を据えて議論する時間を得た形になる。安倍政権は野党勢力内の改憲派と一致点を探るチャンスと捉えるべきだ。韓国の文在寅政権は、安倍政権の勝利におののいているだろう。今回の参院選は、安倍政権の対韓強硬姿勢を評価した結果でもある。韓国が反日姿勢を変えないなら、第2、第3の制裁措置も検討課題になる。●日本を取り巻く安全保障環境が激変する中、憲法9条には「国防に関わる本質的な問題」があり、改正が必要だ。最大の問題は、「自衛隊の法的安定性が確立されていない」ことだ。自衛隊は、我が国の安全保障に不可欠な存在でありながら、憲法に一言も記されていない。この2つは法律に過ぎず、国会の過半数の賛成で廃止もできる。自衛隊の根拠法令は「自衛隊法」と「防衛省設置法旧防衛庁設置法」という2つの法律だ。法律は、衆参両院の過半数で廃止できる。他の国家機関に比べて、法的根拠は脆弱ということだ。仮に、自衛隊廃止の立場の政治勢力が政権を獲り、衆参で過半数を取れば自衛隊は廃止される。自衛隊の法的根拠は脆弱なものでしかない。国家の重要機関であり、我が国の安全保障に不可欠な存在でありながら、自衛隊は現状では国会の過半数で廃止できる程度の存在でしかない。一時の国民世論の熱狂と、巧みなプロパガンダによって自衛隊廃止の立場の政治勢力が政権を執り、衆参で過半数を占めれば、自衛隊は廃止される可能性があるのだ。憲法に明記されれば、自衛隊は晴れて国民に承認され、容易に廃止されない組織となる。憲法に明記されれば、法的根拠が格段に強固になり、その時々の国民世論の熱狂によって左右されない組織になる。法律事項から憲法事項に引き上げることで、自衛隊は廃止には憲法改正が必要となる安定した組織となるのだ。憲法明記の決定的な効果だ。また、自衛隊に憲法上の正統性が与えられることで、自衛隊員の士気も高まり、結果として抑止力も高まる。安全保障上の効果も大きい。今現在も海賊対応名目でソマリア沖に派遣中のはず。初派遣では騒ぐでしょうが何も起きなければ誰もかれもが興味をなくします。それを知っているから非難を無視するんです。それはホルムズ海峡周辺がどこまで緊迫するかによるでしょう。本当にタンカーが次々に襲撃されるような事態になれば、反対の声はあっても少数になるでしょうね。そのくらいの決断力があるなら安心なんだけどねぇ??勿論、国内の批判など完全無視。安倍政権になってから、好き放題の数々。今回は憲法九条の空文化や、集団的自衛権を、なし崩しにするのが狙い。

  • 好きな人に恋人 好きな人に彼氏いるのかを聞く方法を教えて
  • アルミ製大型角型水槽 八角パイプを制作販売する業者様教え
  • 初めてのコストコ コストコってなんか会員にならなきゃ入れ
  • 弁護士が回答自転車 自転車同士の事故でぶつかった場合なの
  • pixivなど このイラスト誰が描いているか教えてくださ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です