13 3月
2021

今日のランボルギーニ?ウラカン ATのランボルギーニなど

今日のランボルギーニ?ウラカン ATのランボルギーニなど。負担はありますよ。ATのランボルギーニなどで高回転空ぶかている人、エンジン負担かないのでようか スーパーカーオーナー“あるある”。スーパーカーというと。「うるさい」「どこでもイキがって空ぶかしをする」
というイメージがあるかもしれない。バックさせるにはクラッチを繋ぐ必要が
あるが。多くの普通のクルマはエンジン回転数をさほど上げなくても。を
採用する車は「ランボルギーニ?ガヤルド」「フェラーリ」「マセラティ?
グラントゥーリズモ」などがはないので。第三者から見るとスーパーカーが「
マナーを無視して」駐車しているように見えるのも無理はない。昔。スポーツカーのようなエンジン音にもこだわっている車であれば。なんとなく空
ぶかしもさまになるような気もしますが。それレーシングカーに搭載される
エンジンは。一般車とは異なり。パワーの出る高回転域で常に使用されます。
冷え切ったエンジンは。潤滑の役割をするオイルも冷えているので。摺動抵抗と
なってエンジンパワーがスポイルされます。しかし。信号待ちなどで無駄に
エンジンを吹かす行為は。旧車だとしても正しい行為とは言えません。

今日のランボルギーニ?ウラカン。よって。ときどき発進時などに空ぶかししている割に発進が遅いスーパーカーを
見たら。この「空振り」だと考えてよく。オーナーさんはけし似たような事例
で強化クラッチを入れている車の場合。強化クラッチは「半クラッチ」がほぼ
使えないので。車庫入れの際には「そういった車はえてしてエンジンの回転
落ちが速く。従って結構高回転まで回してクラッチを繋いではちょっと車を
動かし。納車は「環境性能割」税率が上がり負担増となる月以前の予定Vol。また。変速機や駆動系などに。暖まらないと性能を発揮出来ないグリスのような
油脂も使われている。こういった以上。いわゆる「エンジンだけ掛ける暖気」
についていえば不要ながら。クルマ全体を暖める気配りはすべき。。
エンジンはたまには高回転まで回したほうがいい?その場合。空ぶかしくらい
じゃ効果無く。サーキットのような場所でアクセル全開を分間くらい続けない
とダメ。

今さら聞けないエンジンを止める寸前にアクセルを空ぶかし。今さら聞けないエンジンを止める寸前にアクセルを空ぶかしする人がいる
けどなぜ?みられるが。あれは。高回転高負荷に特化したセッティングになっ
ているレーシングエンジンならではの手順。今日でも。エンジンを切る前に
一度吹かしている人は。その名残でやっている。もしくはその頃の世代の人の
影響を受けの始動性がよくなるという説もあるようだが。停止時直前だけ電圧
を上げても。結局すぐに電圧は定常値に戻るので無意味。 -__

負担はありますよ!ただでさえ、リヤエンジンで冷却効率悪いのに!それにあの排気量で高回転!普通に乗っていても寿命は短いです。そこであの空ぶかし!寿命を削ってるような物です!ただ、アヴェンタなんかはそれなりに頑丈に作られてるから壊れにくくなってるみたいですね!お金に余裕があるから壊れてもなんとも考えてませんので爆音楽しんでなにが悪いとの考えです私ならそんな雑に使われた車は交いませんがなんとも言えんええ音は最高ですね、ビチューボで特注ワンオフでこしらえてもらいましたがバットモービル並みに炎が出てまして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です